治療方針

歯科医院によって治療の方針は違います

「矯正治療って歯医者さんによって言うことが違う!」と感じる患者さんは少な くありません。
矯正治療に限らず治療の方針は先生によって違います。
治療方針も違いますが特に意見が違うのが治療の開始時期についてではないでしょうか?

弥生が丘みらい歯科・こども矯正歯科クリニックは“早期矯正治療”をおすすめします。6~7歳には始めたほうが良いと考えます。
「おとなの歯がはえ揃ってから治療をはじめましょう。」という歯医者さんもたくさんいます。
どちらが正しいのでしょうか?患者さんとしては分からなくなってしまいますよね。

結論からいいますと両方の意見とも利点・欠点があってどちらかが絶対的に正しいとは言えません。
弥生が丘みらい歯科・こども矯正歯科クリニックではより良いお顔への改善が期待できる早期矯正治療がより有利と考えます。ですが早期矯正治療は成長中に着手する治療なので「完全な成長予測はできないので不確実性がある」とも言えます。かなりの確率で成長予測は可能ですが人間ですので予測と外れた成長をすることがあります。

“はえ揃ってから治療派”はその不確実性を嫌うのです。永久歯がはえ揃ってから、
さらに身長の伸びも終わりかけた頃に治療開始すると、この不確実性がほとんど無くなります。最初に決めた計画通りに治療が進むことが多いのです。



しかし、成長が終わってからの治療開始ですので成長を利用できませんので成長しきれなかった小さい顎の大きさに合わせて歯を並べることになります。またこれはうわべの改善しかできていません。

成長が旺盛な7 歳ぐらいまでの早期矯正治療では歯並びだけでなく、平べったいお顔つきの改善までも狙えるという大きな利点があります。

しかし完全な成長予測ができないため全ての症例で達成されるわけではないのが欠点になります。
それぞれの利点・欠点を理解して、どちらを優先するかはお父さんお母さんの判断で決めてください。

筋機能訓練(MFT)をしてかっこいい顔を目指そう!

顎が小さいために歯並びが悪くなってしまう根本的原因は“お口周りの筋肉の不調和・悪い舌の癖・口呼吸”がその正体です。その不調和・悪い癖を治すトレーニングを筋機能訓練(MFT:Myofunctional Therapy)といいます。MFTを行うことが筋機能矯正では大変重要になります。MFT には各種ありますが、当クリニックではみらいクリニック今井一彰先生考案の“あいうべ体操”を推奨しています。

各種矯正装置の説明

固定式ワイヤー

一般的に歯列矯正と言えばこの固定式ワイヤーが代表的なものになります。歯の表面にブラケット・ブレースと呼ばれるボタンのようなものを固定しこれに金属のワイヤーを結び付けて歯を引っ張って動かしていきます。
歯に直接的に力を加えることが可能になります。動かし始めは痛みを感じることもあります。

おとなの矯正はこれが主流になります。歯磨きがしづらいなどの不具合がありますのでご本人の矯正に対する自覚と協力が必要になります。子どもの矯正の場合はできるだけこの固定式ワイヤー装置は使わないように努力しますが、ケースによっては一時使うこともあります。この固定式ワイヤー装置は欠点もありますが、やはり大きな利点も多いのでいいところは利用しながら使っていくほうが治療の効率化には良いと考えます。

急速拡大装置

上の顎の骨をしっかり広げたいときに使います。上の顎を広げるということは鼻の側から考えると鼻腔底を広げることになります。この結果歯を並べる余裕もできますし鼻呼吸がしやすくなります。睡眠時無呼吸の予防になるとも考えらえています。当クリニックでは特におすすめしている治療法です。

MUHシールド

受け口(反対咬合)の治療に使います。早期矯正治療は早期と言っても6~8歳くらいから開始をしていますが、受け口(反対咬合)だけは3~4歳で開始する方が良いです。
3~4歳では複雑な装置は使えませんし必要ありません。このムーシールドと呼ばれるマウスピース型の装置で上下の顎や筋肉のバランスを整えて受け口(反対咬合)を改善します。
この時期に受け口(反対咬合)を改善しないとさらに重症化した場合、治療はより複雑になることもあります。

MRCトレーナー・MYOBRACE

口の周りや飲み込みに関する筋肉・舌を正しく鍛えることによって歯ならびをよくするマウスピース型の装置です。
歯並びは口の周りの筋肉や舌の位置や動きによって影響されます。
逆にこれらを良くすれば歯並びは改善されることが多いのです。また固定式ワイヤーなどで歯並びを整えても筋肉が矯正されていなければ後戻りをしてしまいます。
MRCトレーナーで筋肉や舌の位置や動きを矯正することで歯並びと筋肉が調和し安定した歯並びになります。当クリニックではこの筋矯正が矯正の主軸と考えて取り組んでおります。

ただしこれは単純に装置を口の中に入れておけば歯並びがよくなるというものではありません。トレーナーを使用しながら筋肉の訓練をして初めて効果を発揮します。筋肉訓練は当クリニックのスタッフが指導いたします。これもまず本人、そしてご両親やご家族の協力が不可欠です。

床拡大装置

取り外し式の矯正装置の代表格と言える矯正装置です。真ん中のネジを回すことで床の部分が開いていき、その力で内側に倒れている歯を外側へ倒すことで歯の並ぶスペースを大きくしていきます。取り外し式ですので固定式に比べ歯磨きしやすく歯を清潔に保ちやすいです。また英語や音楽の授業・プールなどのスポーツの際は外せますので学校生活もしやすいと思います。

ページ先頭へ戻る
Copyright (C) Yayoigagoka Mirai Dental . All Rights Reserved.